プレイドライブ


ブリヂストン、2016年のモータースポーツ活動は“勝ち”にこだわる

2016.03.17 by PLAYDRIVE

サーキット ジムカーナ レース

PLAYDRIVE

ブリヂストンは3月17日、2016年ブリヂストンモータースポーツ活動計画を発表した。

ブリヂストンは国内外でのスポーツイベントを通じたブランディング、マーケティング強化を図っているが、そのなかで、モータースポーツをタイヤビジネスに直接関わる重要なコミュニケーションプラットフォームとして位置づけている。モータースポーツ活動を通じて「より良いタイヤ作り」を追求し、メーカーとともに楽しいクルマ・バイク社会作りに取り組んでいくとしている。

特に、2016年は“勝ち”にこだわることを強調しており、SUPER GT、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZレース、2輪レースの3カテゴリーをモータースポーツタイヤ開発の3本柱として、勝利を目指す。

PLAYDRIVE

PLAYDRIVE

モータースポーツタイヤ開発の取り組みについて、タイヤ製品開発・モータースポーツ技術担当の市川良彦氏は、「良いタイヤを作り、それに乗っているドライバーの皆さん、見ている皆さんにワクワクを提供していきたい。昨年はSUPER GTは残念ながら勝つことができませんでしたが、最新技術を惜しみなく注ぎ込み勝利を目指します。86/BRZレースのプロフェッショナルクラスは特に序盤は苦戦を強いられましたが、RE-05Dの投入で挽回はできました。今季は初戦より新パターン&新コンパウンドを使用した革新的進化版を投入します。そして、2輪レースは最高峰レースから8耐&全日本ロードレース=日本に舞台を移し、技術開発を継続していきます」とコメントした。

PLAYDRIVE

PLAYDRIVE

参加型モータースポーツについては、全日本ジムカーナ選手権にPOTENZA RE-71R、POTENZA RE-11Sを供給。PN3クラスのユウ(トヨタ86)、PN4クラスの山野哲也(ロータス・エキシージS)、西原正樹(スバルWRX STI)、N3クラスの菱井将文(三菱ランサーエボリューションX)をサポートし、その他の有力選手を支える。

また、86/BRZレースではプロフェッショナルシリーズに開幕戦からPOTENZA RE-05Dのニューモデルを投入。クラブマンシリーズにはPOTENZA RE-71Rを供給する。クラブマンシリーズにはクスコレーシングから、N3クラスの菱井が参戦予定だ。

TKB_0671また、参加型モータースポーツ最高峰のニュルブルクリンク24時間耐久レースには、TOYOTA GAZOO Racingの3台にタイヤを供給する。

発表会会場では、ピストン西沢をMCとしてSUPER GT参戦中の山本尚貴、大嶋和也、全日本ロードレース選手権の中須賀克行が今季の抱負を語った。

(プレイドライブ)




ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2017年12月号

詳細を見る 電子版はこちら



RALLY CARS

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら



JMRC各地区から名物イベント情報や規則改正、告知などのお知らせを発信する地域の伝言板ページ

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから

Japan Super Rally Series


RALLYPLUS.NET


ダーノサウラ