プレイドライブ


JRC高山:新井敏弘が今季5勝目、JN5とJN2のタイトルが確定

2015.10.18 by PLAYDRIVE

ラリー

PLAYDRIVE

全日本ラリー選手権第8戦「第43回M.C.S.C.ラリー・ハイランドマスターズ」は10月18日(日)、競技最終日となるデイ2の走行が行われ、初日を首位で折り返した新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が逃げ切り、今季5勝目を飾った。また、JN5クラスポイントランキングトップの天野智之/井上裕紀子(トヨタ・ヴィッツGRMNターボ)と、JN2クラスポイントランキングトップの高橋悟志/箕作裕子(トヨタ・ヴィッツRS)がそれぞれ2位に入賞し、最終戦を待たずして今シーズンのシリーズチャンピオンを確定させた。

前日と同様に爽やかな秋空が広がったデイ2は、初日と同じくサービスを挟み3本の林道を2回ループする設定だ。デイ1で使用した林道の逆走と、デイ1では使用していない林道で構成されたステージは、デイ1よりもアップダウンが少ないものの、タイトコーナーが連続するツイスティなコースであることには変わりがない。

デイ2オープニングのSS7は、初日の最終サービスでサスペンションセッティングを変更した勝田がベストタイムを叩き出し、追い上げを図る。一方の新井もSS8でベストタイムを奪い応酬するが、サービスでアライメント調整を失敗し、SS10、11で大幅タイムダウン。SS11を終えた時点で勝田が1.7秒差にまで迫ってくる。ここで新井は、リエゾン区間で自らアライメントの再調整を行い、最終SSでフルアタックをかける。その結果、勝田とのタイム差を3.8秒に広げることに成功。勝田の逆転を許さず、今季5勝目を挙げた。

JN5クラスは、デイ2オープニングのSS7から大波乱の展開となった。このSSで初日トップの上原利宏/佐瀬拓野(ホンダ・シビックタイプR)と初日2位の寺島信也/関根慎二(ホンダ・インテグラタイプR)の2台が、スタートから約1.5km先のコーナーでリタイア。トップは、初日3位の山口清司/山本磨美(トヨタ86)に変わる。ここから初日3位を分けた天野との攻防となるが、山口が6.2秒差で逃げ切り今季初優勝を飾った。また、天野とシリーズチャンピオンを争う関根が3位となったため、2位に入賞した天野が有効ポイント差で今シーズンのタイトルを確定した。

JN4クラスは、デイ2オープニングのSS7で初日2位の番場彬/加勢直毅(トヨタ86)がトップに立つものの、SS8で初日トップの横尾芳則/渡邊晴子(トヨタ86)が再逆転。その後、横尾は2位とのタイム差を引き離し、今季2勝目を挙げた。また、番場が2位でフィニッシュするものの、タイヤの摩耗が激しくスリップサインの出た状態となっていたため、規定により失格の裁定が下された。そのため、2位には小濱勇希/馬場雄一(スバルBRZ)が、3位には佐藤隆行/味村寛(スバルBRZ)がそれぞれ繰り上がり入賞した。初日3位の石川昌平/石川恭啓(スバルBRZ)は、最終SSでホイールを破損したために5位にポジションダウン。その結果、JN4クラスのシリーズチャンピオン確定は、最終戦「新城ラリー」に持ち越しとなった。

JN3クラスは、初日のリードを生かした岡田孝一/鶴田邦彦(マツダ・デミオ)がそのまま逃げ切り優勝し、今季5勝目を獲得。2位にはベテランの島田章/内藤雄樹(マツダ・デミオ)、3位には藤田幸弘/藤田彩子(マツダ・デミオ)がそれぞれ入賞した。

JN2クラスも、初日に1分以上のタイム差を築き上げた鈴木尚/山岸典将(スズキ/スイフトスポーツ)がデイ2のステージを快走。2日間合わせて全SSを制覇する速さで、全日本初優勝を飾った。また、2位にはシリーズランキングトップの高橋悟志/箕作裕子(トヨタ・ヴィッツRS)が入賞し、高橋にとっては2007年以来となるシリーズチャンピオンを確定した。

■最終結果
JN6クラス
1.新井敏弘/田中直哉 富士スバルアライモータースポーツWRX 1:05:41.5
2.勝田範彦/石田裕一 ラックSTI 名古屋スバル DL WRX 1:05:45.3
3.奴田原文雄/佐藤忠宜 ADVAN-PIAAランサー 1:06:02.0
4.今井 聡/北川紗衣 ADVANフェイスクラフトWRX-STI 1:07:06.7
5.炭山裕矢/保井隆宏 ADVAN CUSCO WRX-STI 1:07:39.5
6.筒井克彦/高橋 巧 TEAM221 ダンロップ インプレッサ 1:09:08.6

JN5クラス
1.山口清司/山本磨美 jmsADVANエナペタル久與86 1:10:36.4
2.天野智之/井上裕紀子 豊田自動織機・ラックDLヴィッツGRMN 1:10:42.6
3.関根正人/竹下紀子 GセキネンDL WM MOTUL ミラージュ 1:11:32.5

JN4クラス
1.横尾芳則/渡邉晴子 諏訪姫PLUMレーシングBS86 1:09:58.1
2.小濱勇希/馬場雄一 ADVAN フェイスクラフトBRZ 1:11:32.4
3.佐藤隆行/味村 寛 ビルシュタインMoty’s DL BRZ 1:11:55.6

JN3クラス
1.岡田孝一/鶴田邦彦 キーストーンナビゲーターDLデミオ 1:14:15.2
2.島田 章/内藤雄樹 テイクスDLワコーズデミオ 1:15:02.7
3.藤田幸弘/藤田彩子 ADVAN BRIG エムスポーツデミオ 1:16:23.4

JN2クラス
1.鈴木 尚/山岸典将 スマッシュDLitzzコマツスイフト 1:14:09.1
2.高橋悟志/箕作裕子 ミツバWMDLラックマジカル冷機ヴィッツ 1:15:43.3
3.中井育真/佐土原慶一 デューポイント・DL・フィルインSデミオ 1:16:19.1




ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2018年1月号

詳細を見る 電子版はこちら



RALLY PLUS

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら



JMRC各地区から名物イベント情報や規則改正、告知などのお知らせを発信する地域の伝言板ページ

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから

Japan Super Rally Series


RALLYPLUS.NET


ラリノサウラ