プレイドライブ


【追記】全日本ラリー北海道は今年も帯広駅前セレモニアルスタートを実施、池田にスーパーSS新設も

2023.07.07 by PLAYDRIVE

ラリー

全日本ラリー選手権第7戦として9月8〜10日、北海道帯広市を拠点に開催するラリー北海道(グラベル)は、ラリーガイド1を発行。この中で、昨年に引き続き有観客で行う予定にしていることを明らかにした。8日(金)15時半から昨年同様に帯広駅前の駅北多目的広場および平原通りでのラリーショーやセレモニアルスタートなどを実施するほか、池田町にスーパーSSを新設することも示されている。ラリー北海道にスーパーSSが設定されるのは、2019年以来。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2020年、2021年と無観客での開催を余儀なくされてきたラリー北海道は昨年、3年ぶりに観客を入れての開催を再開。新型コロナウイルス感染流行の影響で実施できなかった20周年記念イベントを、『20th+1イベント』として開催した。

今年の観戦ステージは、9日土曜日にRIKUBETSU LONG(陸別町、3回走行予定)、パウセカムイ(足寄町、2回走行予定)、10日日曜日にOTOFUKE REVERSE(音更町、2回走行予定)とSSS IKEDA(池田町、2回走行予定)に設定する。ラリーショー、セレモニアルスタート、北愛国サービスパークは無料開放する。また9日(土)にRIKUBETSU LONG、10日(日)にSSS IKEDAで観戦者向けのデモ走行や、トークショー(会場未定)も予定されていることが明記されているが、現時点で詳細は未定とのことだ。

チケットはまもなく、イベント公式サイトで発売が開始される予定としている。

ラリー北海道公式サイト
http://www.rally-hokkaido.com/jp/

【追記:7月7日】
ラリー北海道は、公式ウェブサイトで観戦チケットの販売を開始した。今年は、公式サイトのチケット購入ページからの注文となり、コンビニエンスストアでの販売や、各ステージの入口でのチケット販売は行わない。販売数量に達していないステージのチケットに関しては、ステージ開催日前日に北愛国サービスパーク内でのみ販売するとのことだ。

券種は、プレミアムパス、パーソナルスポンサーパス、ステージ券。詳細は公式サイトで確認を。また、アイテナリーの変更により、ステージ開始の時刻が変更となる場合があるとのことなので、最新情報も随時、チェックしておきたい。




. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2024年5月号

詳細を見る 電子版はこちら


ヘルメットのペイントはじめました!

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから