プレイドライブ


JAF、2017年より全日本ジムカーナのN部門を廃止、SA部門を4クラスに拡大

2016.04.05 by PLAYDRIVE

JAFの取り組み ジムカーナ

PLAYDRIVE

JAFは4月1日発行のJAFモータースポーツニュース(No.282)において、2017年日本ジムカーナ/ダートトライアル選手権規定の改定を発表した。全日本ジムカーナ選手権においてN部門3クラスが廃止され、SA部門が4クラスとなる。

新しい規定では、スピードSA車両部門が気筒容積1600cc上下の前輪駆動(SA1クラス&SA2クラス)、後輪駆動=SA3クラス、4輪駆動=SA4クラスの4クラスとなった。これはN部門廃止による従来のN部門出場車両(特にN1クラスの車両)および選手の移籍先クラスを見越しての措置と考えられる。

具体的には、1600cc以下の新SA1クラスは従来のSA1クラスと同じホンダCR-XやシビックタイプRなど、1600cc超の新SA2クラスは従来のN1クラスとSA2クラスに出場していた1800ccのホンダ・インテグラタイプRが主力となりそうだ。新SA3クラスは従来のN2クラスとSA2クラスから後輪駆動車が、新SA4クラスは従来のN3クラスとSA3クラスから4輪駆動車が出場可能となる。

スピードSA車両は、スピードN車両の改造範囲に加えて、マフラーやエキゾーストマニホールドの変更、クロスミッションの搭載、ピロボール化などが可能となるなど、より改造範囲の広い規定となっている。事実上N部門とSA部門の合併となる今回の規定変更により、1クラスあたりの参加台数の増加と、さらに白熱した戦いが繰り広げられることに期待したい。

なお、今回の規定は全日本ジムカーナ選手権のみの変更であり、全日本ダートトライアルやその他のスピード行事には影響はない。また、地方選手権以下のジムカーナでは、以前から各地域の実情に応じたクラス区分が可能となっており、今回の規定変更は直接の影響を受けることはなさそうだ。

2017年からのクラス車両規定対象となる旧クラス主な参戦車両
SA1クラス気筒容積 1600cc 以下の前輪駆動のSA車両旧SA1クラスホンダCR-X
ホンダ・シビックタイプR(EK9)
SA2クラス気筒容積 1600cc を超える前輪駆動のSA車両旧SA2クラス(前輪駆動のみ)
N1クラス
ホンダ・インテグラタイプR(DC2)
SA3クラス後輪駆動のSA車両旧SA2クラス(後輪駆動のみ)
N2クラス
マツダRX-7
ホンダNSX
ロータス・エキシージ
SA4クラス4輪駆動のSA車両旧SA3クラス
N3クラス
三菱ランサーエボリューション
スバルWRX STI

(プレイドライブ)




ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2017年12月号

詳細を見る 電子版はこちら



RALLY PLUS

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら



JMRC各地区から名物イベント情報や規則改正、告知などのお知らせを発信する地域の伝言板ページ

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから

Japan Super Rally Series


RALLYPLUS.NET


ラリノサウラ