プレイドライブ


キャロッセ、2015年はJRCを中心にAPRCやタイムアタックにも挑戦

2015.02.13 by PLAYDRIVE

ジムカーナ ダートトライアル ラリー レース

(C) CARROSSER

キャロッセは、CUSCO RACINGによる2015年のラリー参戦計画を発表した。アジア・パシフィックラリー選手権はWRX STI(GRB)でのカスタマーサポート、全日本ラリー選手権はWRX STI(VAB)を基本に次世代育成や輸入車の新規開発と車両製作も手がける。

APRCは、2014年のAPRC2位、プロダクションカップタイトルを獲得したマイケル・ヤングのステップアッププログラムとして、WRX STI(GRB)での参戦をサポート。また、今シーズンアジアカップの1戦として追加されるインド出身の、サンジェイ・タクルのふたりのカスタマードライバーを中心に支援を行う。

JRCは、炭山裕矢にVAB型WRX STIのステアリングを託し、若手育成プログラムの継続として、JN4チャンピオンの竹内源樹はGRB型WRX STIで、ともにJN6クラスに参戦。CUSCOジュニアラリーチームとして、番場彬が86をドライブ。さらに牟田周平ら、若手のサポートを継続する。

また、ジョイントプロジェクトとして、MINI CROSSOVER RALLY TEAMのMINIクロスオーバー・ジョンクーパーワークス、ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチームとしてプジョー208GTIの車両製作〜サポートを行い、新たなファン層へラリーの魅力を伝える活動を強化する。

ラリー以外では、10月16日〜17日にオーストラリアで開催される「ワールドタイムアタックチャレンジ2015」にはVAB型WRX STIで挑戦するとともに、新規車両を新たなステージにも投入するという。

その他、全日本ジムカーナ選手権N3クラスの菱井将文、SA3クラスの天満清、全日本ダートトライアル選手権SA2クラスの荒井信介、スーパー耐久シリーズST5クラスのホンダ野崎with BOMEXなどをサポートする。

(プレイドライブ)




ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2017年11月号

詳細を見る 電子版はこちら



RALLY PLUS

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら



JMRC各地区から名物イベント情報や規則改正、告知などのお知らせを発信する地域の伝言板ページ

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから

Japan Super Rally Series


RALLYPLUS.NET


ジムノサウラ