プレイドライブ


フォーミュラドリフトジャパン参戦のカッレ・ロバンペラ、競技車両製作・メンテナンスおよびチーム運営担当はクスコレーシング

2023.04.27 by PLAYDRIVE

ドリフト ラリー

TOYOTA

モータースポーツパーツを開発・製作するキャロッセのワークスチーム、クスコレーシングが、5月20〜21日に福島県のエビスサーキット西コースで開催されるフォーミュラドリフトジャパン第2戦に参戦することを発表した2022年のWRCチャンピオン、カッレ・ロバンペラをサポートする。ロバンペラは「KR69 CUSCO Racing」から、レッドブルGRカローラをドライブ。クスコレーシングは、このマシンの製作・メンテナンスとチーム運営を担当する。

(以下、発表リリース)


CUSCO Racing が「FORMULA DRIFT JAPAN」に参戦するカッレ・ロバンペラ選手をサポート

「モータースポーツの極限状態で磨かれた、ホンモノの製品だけを供給する」をスローガンに、モータ―スポーツを通じ製品開発を続ける株式会社キャロッセ(群馬県高崎市・代表 長瀬 努)のワークスチームCUSCO Racingは、「KR69 CUSCO Racing」から「Red Bull GR COROLLA」でドリフト競技大会「FORMULA DRIFT JAPAN(以下、FDJ)」の第2戦に参戦する、2022年FIA世界ラリー選手権(WRC)王者カッレ・ロバンペラ選手の、競技車両製作・メンテナンスおよびチーム運営を担当します。

元WRCドライバーのハリ・ロバンペラ氏を父にもつ、カッレ・ロバンペラ選手は12歳でラリー出場のキャリアをスタートし、WRC2プロでのタイトル獲得などを経て、2020年からTOYOTA GAZOO Racing World RallyTeamからWRCトップカテゴリに参戦。2022年にはシーズン6勝を挙げ22歳にしてワールドチャンピオンに輝いています。またこれまでにフィンランド国内のドリフト競技にも多く出場しており、2022年にはヨーロッパのドリフト最高峰シリーズである、ドリフトマスターズ・ヨーロッパ選手権(DMEC)にスポット参戦し、今シーズンもWRC参戦と並行してDMECに4戦参戦することが発表されています。

FORMULA DRIFT JAPANは、2004年にアメリカで誕生した「FORMULA DRIFT」を、ドリフト競技発祥の日本に逆輸入する形で2014年から開催され、現在、富士SWや岡山国際サーキットなどの国内有数のサーキットから、ドリフトの聖地エビスサーキットなどを舞台にシリーズ6戦で開催されています。

キャロッセは創業以来、自社で競技車両およびパーツの開発・設計・製作を手がけるだけはなく、その車両で実際に競技に参戦してきました。FDJには2020年から参戦を開始し、これまでに GRスープラ、GRヤリス、GR86でドリフト車両を製作し、現在そのすべてのマシンがFDJに出場しており、2023年FDJ開幕戦では、単走・追走ともにCUSCO Racingのマシンが優勝するなど、その技術力とチーム力の高さを証明しています。正確無比なドライビングに追従する完璧なマシン造りが要求されるドリフト競技において、今回、ロバンペラ選手がドライブするドリフト競技車両の製作・メンテナンスおよびチーム運営を担当することで、「CUSCO」ブランドの強化と高い技術力の訴求を図ります。

FORMULA DRIFT JAPAN Rd.2 エビスサーキット(福島県)開催日程
2023年5月20日(土)単走予選 / 21日(日)決勝




. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2023年5月号

詳細を見る 電子版はこちら


ヘルメットのペイントはじめました!

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから