プレイドライブ


全日本ラリー久万高原:奴田原文雄が今季初勝利、フルポイントを獲得

2017.05.01 by PLAYDRIVE

ラリー

PLAYDRIVE

全日本ラリー選手権第3戦「久万高原ラリー Supported by Sammy」の競技2日目が4月30日(日)に開催され、奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションⅩ)が今季初勝利を挙げた。

最終日となる2日目は、今回のラリーで最長となる23.85kmのターマックSSと、グラベル部分を含む1.12kmのギャラリーステージを2回ずつ走行する4SSが設定されている。SSの本数は少ないながらも、大差が生まれやすいロングステージと、短距離ながらもターマックセッティングのままで走行しなければならないグラベルステージという設定に加え、最終SSには各クラス優勝者に賞金が授与される「Sammy SS」という賞典が設定され、最後まで気の抜けない1日となった。

奴田原が初日の4SSすべてを制して大量リードを築いたJN6クラスは、2日目も奴田原が2カ所のショートSSでベストタイムをマークし、最終的には後続に2分以上もの大差をつけて独走。2日間ともデイポイントトップのフルポイントを獲得し、今季初優勝を飾った。奴田原は、「優勝できて良かったです。長くタフなラリーでした」とハードなラリーを振り返るとともに、「中盤戦には得意のグラベルラリーもあるので、次のターマックラリーも頑張ります」と、次戦以降に向けての抱負を語った。

また、初日はエンジン不調とパンクで順位を落とした新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が、2日目に猛チャージを見せた。この日を初日2番手の竹内源樹/加勢直毅(スバルWRX STI)から48.8秒遅れ、3番手の徳尾慶太郎/枝光展義(三菱ランサーエボリューションⅩ)から29.3秒遅れの5番手でスタートした新井は、オープニングのSS5でベストタイムを獲得。このSSで、2番手の竹内がパンクにより大きく脱落したために、新井が3番手に順位を上げるとともに、2番手に浮上した徳尾との差を12秒まで縮めてくる。さらに、ロングステージのSS7で徳尾を21.6秒上まわるタイムをマークし、ついに逆転。初日は表彰台獲得が難しい展開となったラリーで貴重な2位を獲得した。3位には「なんとか新井さんからポジションを守ろうとしたけど、願掛けが足りなかった」と悔しがる徳尾が、2007年最終戦新城ラウンド以来となる、自身最高位タイの3位を獲得した。2日目にターボトラブルから復調した勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)は、「まだいまいち踏み切れない」としながらも、ロングステージでベストタイムを刻むなどしてデイポイント1点を獲得している。

JN6クラスを上まわる大荒れの展開となったのがJN1クラスだ。初日トップの古川寛/池田孝之(スズキ・スイフトスポーツ)が、2カ所のロングステージで須藤浩志/新井正和(スズキ・スイフトスポーツ)を大きく上まわり、その差を拡大。「自分の地区(九州)以外の全日本で勝てたことは本当に大きい」と、全日本ラリー初優勝を成し遂げた。2位には須藤が入り、このまま終わるかと思われたSS7でドラマは起きた。なんと、単独3番手を走行していた小川剛/佐々木裕一(ホンダ・フィット)、激しい順位争いを展開していた4番手の松原久/和田善明(マツダ・デミオ15MB)と5番手の三苫和義/小林剛(ホンダ・フィット)の3クルーが相次いでこのステージでリタイア。6番手を走行していた伊藤隆晃/大高徹也(日産ノートNISMO S)が「ラリーは最後まで分からない。諦めずに走っていて良かった」と3位に浮上し、今季初表彰台を獲得した。

小濱vs川名の対決となったJN5クラスは、初日の勢いをそのままに小濱が第2戦に続き連勝。「長いステージもでトラブルなく安定していたので、気持ち良く走れました。路面コンディションがこのクルマとタイヤにばっちりマッチしたのが良かった」と勝因を語った。2本のショートSSでベストタイムを奪い2位となった川名は「まだ色々とやらなければならないことがある」と次戦に向けて気を引き締めた。

トヨタ86が上位を占めるJN4クラスは、ロングステージを制した曽根崇仁/桝谷知彦(トヨタ86)が唐津に続いて2連勝。唐津ではリタイアに終わった山口清司/山本磨美(トヨタ86)が2位、SS6でベストタイムをマークした香川秀樹/漆戸あゆみ(ホンダ・シビックタイプR)が3位表彰台に食い込んだ。

JN3クラスは、「セッティングを変えたのがいい方向に行った」という天野智之/井上裕紀子(トヨタ・ヴィッツ)が、独走のままフィニッシュ。前戦唐津に続いて2位にはCVTヴィッツを駆る大倉聡/豊田耕司が入賞、3位には若手の内藤学武/小藤桂一(マツダ・デミオ)が3入賞した。

JN2クラスは、初日トップの明治慎太郎/北田稔(トヨタ86)が逃げ切り2勝目をマーク。昨年のJN1クラスを制した鈴木尚/島津雅彦は、スバルBRZを投入してクラス2位で完走を果たした。

久万高原ラリー Supported by Sammy 最終結果

順位クラスドライバー/コ・ドライバー車名タイム/差
1JN6-1奴田原文雄/佐藤忠宜ADVAN-PIAAランサー1:25:04.4
2JN6-2新井敏弘/田中直哉富士スバルアライモータースポーツWRX+2:00.3
3JN6-3徳尾慶太郎/枝光展義クスコDLitzzフォルテックランサー+2:16.0
6JN5-1小濱勇希/馬場雄一KYB DUNLOP DS3R3 MAX+3:23.1
7JN4-1曽根崇仁/桝谷知彦P.MU☆DL☆SPM☆INGING86+4:17.3
8JN3-1天野智之/井上裕紀子豊田自動織機・DL・ヴィッツRS+5:40.9
11JN2-1明治慎太郎/北田 稔YHGd高崎くす子86+6:44.6
14JN1-1古川 寛/池田孝之スマッシュDLスノコitzzスイフト+8:13.2




ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2017年6月号

詳細を見る 電子版はこちら



プレイドライブ2017年6月号
P.92 読者プレゼント
応募フォームはこちら!

RALLY PLUS

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら



JMRC各地区から名物イベント情報や規則改正、告知などのお知らせを発信する地域の伝言板ページ

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

Japan Super Rally Series


RALLYPLUS.NET


ジムノサウラ