プレイドライブ


【ラリーオブ嬬恋】初日トップの竹内源樹が2日目も独走

2016.01.31 by PLAYDRIVE

ラリー

©PLAYDRIVE

FIA INTERNATIONAL RALLY of TSUMAGOIは、競技2日目となる30日(土)にレグ2のセクション2と3の8SSが行われ、初日トップの竹内源樹/加勢直毅(スバルWRX STI)が、2番手を走行する青木光広/青木郁香(三菱ランサーエボリューションⅩ)とのタイム差を8分00秒4に広げ、競技最終日となる3日目を迎えることとなった。

前日に降った雪は、30日(土)の早朝にはやんだものの、ステージに積もった大雪は競技進行に大きな影響を残すこととなった。各ステージの除雪作業が1号車がスタートする時刻に間に合わず、競技は予定の時刻から2時間遅れのタイムスケジュールで進行することとなった。

ステージの除雪が終了し、午前11時から始まった2日目は、初日にタイヤ選択を失敗して3番手で終えた炭山裕矢/保井隆宏(スバルWRX STI)がオープニングのSS6からスパート。SS9までの4SSでベストタイムを連発し、竹内とのタイム差を17.3秒縮めるとともに2位に浮上してくる。だが、前日から体調不良を訴えていた炭山は、午後のサービスで体調が悪化。追い上げを図りながらも無念のリタイアとなった。

炭山が離脱したため、再び青木が2位に浮上してくるが、竹内との差は6分44秒4に拡大。SS12では竹内がコースオフして脱出に約1分20秒を要するというハプニングはあったものの、最終的には青木とのタイム差を8分00秒4に広げ、2日目を終えた。2位に青木、3位には青木に1分26秒3差で長谷川智秀/角田大輔(三菱ランサーエボリューションⅩ)がつけている。

競技最終日の31日(日)は、3日間で最長となる8SS(41.739km)が設定されている。オープニングとなるSS14は、8時13分に1号車がスタートする予定だ。



関連ニュース

事業拡大により、正社員・契約社員を急募!

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2018年12月号

詳細を見る 電子版はこちら

ワールドラリーカレンダー2019
ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから