プレイドライブ


【ラリーオブ嬬恋】大雪に見舞われた初日は竹内源樹がトップ

2016.01.30 by PLAYDRIVE

ラリー

©PLAYDRIVE

FIA INTERNATIONAL RALLY of TSUMAGOIは、29日(金)にレグ1(セクション1)の5SSが行われ、竹内源樹/加勢直毅(スバルWRX STI)が、2番手を走行する青木光広/青木郁香(三菱ランサーエボリューションⅩ)に3分56秒6の大差を付けてトップに立った。

早朝から雪に見舞われた29日(金)は、ラリーがスタートする夕方頃から本降りとなり、ステージは深い雪に覆われる難しいコンディションとなった。この難ステージに対し、ゼッケン1の新井敏弘/小坂典嵩(スバルWRX STI)とゼッケン2の炭山裕矢/保井隆宏は、大会で使用が認められているスパイクタイヤを装着して各ステージをアタックする。だが、タイヤと路面とのマッチングが合わなかったことに加え、ステージに降り積もる雪の“ラッセル役”となってしまったため、SS4まで3番手を走行していた新井が戦線離脱、さらに炭山もSS5を終えてトップから4分26秒1遅れのクラス3位で初日を終えた。

このコンディションを味方に付けたのが、竹内だ。SS1でベストタイムを奪った竹内は、その後も2位以下に大差を付ける走りを披露し、SS5で2位に浮上した青木に3分56秒6もの大差を付け、早くも独走態勢を築き上げた。

競技2日目の30日(土)は8SS(29.589km)が設定されている。2日目オープニングとなるSS6「Panorama L1」は、10時08分に1号車がスタートする予定だ。



関連ニュース

事業拡大により、正社員・契約社員を急募!

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2018年8月号

詳細を見る 電子版はこちら

RALLY CARS
ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから