プレイドライブ


TGRの全日本ラリー若手育成カテゴリーの正式名称は「MORIZO Challenge Cup」、すでに7人がエントリー

2024.01.14 by PLAYDRIVE

ラリー

トヨタ・ガズーレーシングは、1月14日、千葉県の幕張メッセで開催中の東京オートサロン会場で行ったトークショーで、2024年全日本ラリー選手権での若手ドライバー育成カテゴリーの正式名称が「MORIZO Challenge Cup」であることを明かした。

「MORIZO Challenge Cup」は、2024 年1月1日時点で 25歳以下のドライバーを対象(TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジでの優勝経験もしくはシリーズ3位以上、地方選手権での入賞経験、全日本ラリー選手権での参戦経験実績がある場合は、2024年1月1日時点で29歳以下の参戦を認める)に、若手育成の支援を目的に全日本ラリー選手権JN-2のサブカテゴリーとして展開するワンメイクシリーズ。トヨタGRヤリス(1.6リッターターボエンジン+GR-FOUR搭載車)で、車両規定はJN-2規定をベースに、参戦コスト抑制とイコールコンディションを目的として改造範囲を限定するカップ独自の車両規定を設け、カップ単独でのポイント争いも設定される。シリーズ成績優秀者には、フィンランドのTGRワールドラリーチームでのラリー講習への参加権利を与える賞典も発表されている。

この日、トークショーに登壇したTGR-WRTの勝田貴元は、今季、自身のチーム「TK Motorsport」を立ち上げ、2023年のフォーミュラドリフトジャパン(FDJ)チャンピオンのKANTAをドライバーに起用し、このカップに参戦させることを発表済み。さらに壇上では、KANTAのほか、大竹直生(TGR-WRJ)、昨年は全日本ラリーのJN-2でタイトルを争った山田啓介(FIT-EASY Racing)、ジムカーナ出身の最上佳樹(FIT-EASY Racing)、現役高校生時代に全日本ラリー初参戦を経験している木内秀柾(RECARO RALLY TEAM)、FIA-F4出身の稲葉摩人(Ahead Japan Racing Team)、eモータースポーツ出身の尾形莉欧(MATEX-AQTEC Rally Team)の7人がすでにカップにエントリーしていることも明かされた。

トークショーでは、大竹とKANTAが登場。TGRのWRCチャレンジプログラム出身の大竹は「カップを通して、若手どうして戦いながらお互いを高めていきたい。フィンランドで経験を積んだ成果を出さなくてはいけないと思っているのでプレッシャーはかかっているが、がんばりたい」とコメント。

ラリー未経験で全日本ラリーに挑むことになるKANTAは「FDJでチャンピオンを獲り、新しいチャレンジに向かう。ラリーは初心者だが、貴元さん、コ・ドライバーの保井(隆宏)さんとともに、ラリードライバーとしての成長を見せたい」と意気込みを語った。

MORIZO Challenge Cupの参戦申請は1月31日12時まで受け付けている。
URL: https://www.toyota.co.jp/cmpnform/pub/co/young_category_en



最新ニュース


. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2024年3月号

詳細を見る 電子版はこちら


ヘルメットのペイントはじめました!

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから