プレイドライブ


TGR WRCチャレンジプログラム、3期生に後藤正太郎、松下拓未を選出

2023.12.22 by PLAYDRIVE

ラリー

左から、ミッコ・ヒルボネン、松下拓未、後藤正太郎、ヨウニ・アンプヤ / TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingは、WRCで活躍できる日本人ドライバーの発掘・育成を目指すTGR WRCチャレンジプログラムの3期生について、12月7日〜15日にフィンランドで最終選考を実施。2024年からプログラムに参加するドライバーとして、後藤正太郎、松下拓未のふたりを選出した。ふたりともラリーの経験はなく、まずは走行、ペースノート、フィットネスなど包括的なトレーニングからスタート。夏以降にラリー4車両でフィンランドや欧州の国内ラリーへの参戦を目指すとしている。

(以下、発表リリース)


TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラム
3期生のドライバーが決定し、2024年より活動開始

TOYOTA GAZOO Racing (以下、TGR)は、WRCで活躍できる日本人ドライバーの発掘・育成を目指すTGR WRCチャレンジプログラムの3期生セレクションの最終選考を12月7日から12月15日にかけてフィンランドで実施。後藤正太郎、松下拓未の2名が新しいドライバーとして選出され、2024年よりプログラムに参加します。

セレクションは2023年9月に富士スピードウェイで実施した1次選考、2次選考からスタート。フィンランドからプログラムの講師陣が来日し、約70名の応募者の中から6名が選ばれ、フィンランドで行われた最終選考へ進みました。フィンランドの北部、ラップランドで実施した最終選考はフィジカルテストから始まり、続く5日間のドライビングテストでは様々な車両を使用し、候補者のスキルとポテンシャルを測りました。

候補者たちはスノー及び氷上での運転経験はほとんどなかったにも関わらず、全員が講師陣の予想を超える高いレベルのドライビング能力を発揮し、講師陣にとっては難しい選択となりましたが、世界のトップレベルのドライバーになれる可能性が最も高いとして、最終的に後藤と松下の2名が選ばれました。

両選手はラリードライバーとしては初心者であり、2024年1月より早速トレーニングを開始します。冬の間は走行、ペースノート、フィットネスなど包括的なトレーニングからスタートし、春以降は拠点をフィンランドに移し、実戦に向けてフルタイムでのトレーニングに移行します。最初の目標は、夏以降に前輪駆動のRally4車両でフィンランドや欧州の国内ラリーへ参戦することです。

プログラムの1期生として2015年から活動をしてきた勝田貴元は、すでにWRCで複数回表彰台を達成しており、2024年はレギュラードライバーとしてフルシーズンを戦うことが決まっています。また、2期生の小暮ひかると山本雄紀は2024年はこれまでのRally4車両からRally2車両での参戦へステップアップをします。後藤、松下の両選手は、先輩たちからも学びながらトップドライバーへの成長を目指します。

ミッコ・ヒルボネン (チーフインストラクター):プログラムのドライバー選考は3度目でしたが、今回やっと、経験に関わらず興味を持ってくれている全ての候補者に門戸を広げるという、我々そしてTGRがやりたかった方法で実施できたと思います。(これまでは1次は書類選考でしたが)今回は、応募してくれた全員に富士スピードウェイで走ってもらった上で、上位だったドライバーたちにフィンランドの最終選考に来てもらいました。モータースポーツや運転の経験がとても短いドライバーもいて、氷上での走行は予想がつきませんでしたが、グループ全体のレベルの高さに良い意味でとても驚かされました。このプログラムがなかったらチャンスが訪れなかったような若者たちにとって素晴らしい機会になったと言えます。後藤は大学の自動車部で、実際の運転は約2年の経験しかないとのことでしたが、我々講師のアドバイスに従ってドライビングをアジャストできる能力が素晴らしく、今回のテストの間だけでもかなり成長しました。松下は、ラリーはこれまで1度出たことがあるだけということでしたが、メカニカルな部分の理解が非常に深く、異なる駆動方式の車両も全てすぐに良いレベルで乗りこなしました。両者とも競技経験は少ないものの、非常に良いドライバーで、彼らとトレーニングできるのが楽しみです。これからプログラムが始まり、特にラリーで重要なペースノートのトレーニングが大変になりますが、すぐに良いレベルに到達できると確信しています。

後藤正太郎:このプログラムに参加できることになりとても幸せです。初めてのラリーカーでしたし、自分は他のドライバーより学びが遅いように感じたりもして、精神的にもタフな1週間だったので、選ばれたときは本当に嬉しかったです。自分のモチベーションは常に、より良いドライバーになり続けるということだったので、素晴らしい環境でそれを実現できる機会を与えていただき、これからがとても楽しみです。自分のように小さい時からモータースポーツをしてこなかった人にもモータースポーツの世界に入るチャンスを与えてもらえる、人生を変えてくれるプログラムだと思っています。

松下拓未:チャレンジプログラムのドライバーに選ばれることができてとても嬉しく、ホッとしています。メンバーの一員として、TGRの皆さん、先輩である勝田さんや山本さん、小暮さんと一緒に活動ができることがとても楽しみです。ラップランドでの走行セッションではたくさんのことを学び、特に大きな学びは左足ブレーキと、ステアリングではなくブレーキとアクセルで車をコントロールするということでした。このような大きなチャレンジの機会を与えていただきとても感謝しています。ラリーの経験は少ないので、トレーニングをたくさんして早くラリーに出られるように頑張ります。



最新ニュース


. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2024年3月号

詳細を見る 電子版はこちら


ヘルメットのペイントはじめました!

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから