プレイドライブ


アルピーヌ、A110Sで参戦する山野哲也のサポートを発表

2022.02.22 by PLAYDRIVE

ジムカーナ

Alpine

アルピーヌ・ジャポンは、2022年シーズンの JAF全日本ジムカーナ選手権に、アルピーヌ A110Sで参戦する山野哲也をサポートすることを発表した

以下、リリース文

山野選手は、2004年から2006年まで3年連続で全日本GT選手権/SUPER GTのシリーズ チャンピオンを獲得、そしてJAF全日本ジムカーナ選手権では、2021年シーズンに通算21度目となるシリーズチャンピオンを獲得するなと、数多くのタイトルを獲得しているトップレーシングドライバーのひとりです。
その山野選手が、アルピーヌ A110Sで2022年シーズンのJAF全日本ジムカーナ選手権に参戦し、22度目のシリーズタイトル獲得という偉業に挑戦します。
アルピーヌ・ジャポンは、アルミを使用した軽量なシャシー、正確なハンドリングが特長の アルピーヌA110Sを山野選手に提供し、この挑戦をサポートします。

【チームドライビングマジック参戦体制】
・カテゴリー: JAF全日本ジムカーナ選手権
・ クラス: JG10
・ マシン: アルピーヌ A110S
・ エントリー車名: EXEDY 12D A110S
・ エントラント: チームドライビングマジック
・ ドライバー: 山野哲也
・ メンテナンスガレージ: エスカランド
・チーフエンジニア: 山崎登

【山野哲也選手コメント】
2022年から、新しいチャレンジが始まります。2ペダル+エレクトリックパーキングブレーキ(EPB)という、手動パーキングブレーキが必須のジムカーナでは常識外れとも言えるクルマで、JAF全日本ジムカーナ選手権に参戦します。AT免許取得者の増加、MT車の減少、EPB車の増加など、 クルマを取り巻く環境は、相当なスピードで変化しています。山野哲也というドライバーを育ててくれたジムカーナに感謝し、恩返しするためには、ジムカーナの普及発展が欠かせません。
そのためには、現在のクルマを取り巻く状況を受け入れ、新たなジムカーナの世界を切り開く 必要があります。
今年選択したマシンは、アルピーヌ A110Sです。コンパクトで優れたハンドリングをみせるフレンチを全日本チャンピオンマシンに伸し上げるべく、また通算22度目のタイトル獲得につながるよう、 チーム力を発揮し、全力で戦います。



関連ニュース


. プレイドライブ最新号

プレイドライブ 2023年1月号

詳細を見る 電子版はこちら


ヘルメットのペイントはじめました!

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから