プレイドライブ


チーム三菱ラリーアート、アジアクロスカントリーラリー参戦に投入する新型トライトンを公開

2023.07.26 by PLAYDRIVE

クロスカントリーラリー クロスカントリーラリー

三菱自動車工業が技術支援する「チーム三菱ラリーアート」は、8月13日〜19日にタイ~ラオスで開催されるアジアクロスカントリーラリー(AXCR)2023の参戦に使用する新型トライトンと、サポートカーとして使用するデリカD:5を公開した。

ベースとなる新型トライトンはフルモデルチェンジを受け、7月26日にタイで世界初披露(*トライトンは一部の国・地域では「L200」として販売)。全方位で大幅に進化を果たした。AXCR参戦に使用するラリーカーは、AXCRの車両規定に沿って改造を施し、定評のある耐久信頼性、軽快かつ安定したハンドリング性能、全域で力強くレスポンスのよい動力性能、泥濘路など極悪路での走破性など、昨年のラリーカーを上回るパフォーマンスを実現しているという。昨年、初参戦のAXCRで優勝を飾っているチームは、今季は3台の新型トライトンをエントリー。昨年覇者のチャヤポン・ヨーター(タイ)、昨年5 位に入賞したリファット・サンガー(インドネシア)に加え、日本の田口勝彦をドライバーに起用する。

新型トライトンのワールドプレミアで商品概要の説明を担当した三菱自動車工業代表執行役副社長の長岡宏氏は、今季のAXCRに新型トライトンで参戦することに言及。「昨年、久しぶりに、ほぼノーマルの状態でのマシンで参戦して優勝したことで、このマシンのエンジニアリングのクオリティの高さを示した。新型トライトンで参戦する今年は、昨年以上のパフォーマンスが出せると自信を持っている」と期待を寄せた。

ワールドプレミアには、チーム三菱ラリーアートの増岡浩総監督も登場。
「すべてが一新され、全方位で進化した新型『トライトン』での参戦に、私自身、期待で胸が高鳴っています。ラリーカーは国内とタイで延べ2000kmを超える耐久試験を行い特段のトラブルもなく、フラットダートの高速ステージからマッディな低速ステージまで、あらゆるステージで昨年以上のパフォーマンスを発揮できることを確認しました。それぞれが優勝を狙える3台体制であり、必ず表彰台の真ん中を勝ち取り、連覇を果たしたいと思います」とコメントを寄せた。

また、昨年のAXCRを制したヨーターも登場し、「新型トライトンで、再び優勝を目指します」と意気込みを語った。

●新型『トライトン』ラリーカー概要

新型『トライトン』ラリーカーはタイ仕様のダブルキャブをベースとし、FIAのグループT1規定(改造クロスカントリー車両)に沿って改造。湧き上がる溶岩のエネルギーをモチーフとしたレッドとブラックのカラーリングとなっている。車体では、ロールケージやアンダーガードなどのラリー装備を装着する一方で、カーボン製のフード、前後ドア、荷箱を採用するとともに内装部品を大幅に軽量化した結果、従来車よりも一回り大きくなったボディでありながら従来車と同等の車体重量を実現した。

ベース車でのトレッドの拡大に加え、ラリー専用の前後サスペンションや前後LSDを装着し、軽快かつ安定したドライバーの意のままのハンドリング性能を実現た。また、軽量アルミホイールに昨年仕様よりもナロータイプのオフロードタイヤを採用することで、マッドなど悪路での走破性を向上させている。前後サスペンションにはツインダンパーを採用し、さらにバンプストッパーを追加したことで、路面からの強烈な衝撃を吸収するなど、堅牢性の高いシャシーをさらに強化している。

新開発の2.4Lディーゼルターボエンジンは、フリクションロスの低減と軽量化を中心としたチューニングを実施するとともに、新しいターボチャージャーを搭載したことによって全域で出力向上を実現した。AXCRのスペシャルステージには川渡りのセクションもあるため、各部のシーリングの強化やシュノーケル(吸気ダクト)の装着など、水回りの対策も⾏っている。

チーム三菱ラリーアート 新型トライトンAXCR参戦車両スペック
全⻑×全幅:5320mm×1865mm
ホイールベース:3130mm
トレッド(前/後):1570mm / 1565mm
エンジン形式:4N16 型4 気筒 MIVEC ターボディーゼル
燃料噴射装置:⾼圧コモンレール
排気量:2442 ㏄
ターボチャージャー:「三菱重⼯エンジン&ターボチャージャ」製
最⾼出力:150kW
最大トルク:470N・m
変速機:6速マニュアル
4WDシステム:スーパーセレクト4WD-II
フロント/リヤデフ:「CUSCO」製 差動制限装置付
フロントサスペンション:独立懸架/ダブルウィッシュボーン式コイルスプリ
ング
リヤサスペンション:リジッド/リーフスプリング
ショックアブソーバー:「CUSCO」製 減衰力調整式ツインダンパー
バンプストッパー:油圧式
ステアリング形式:ラック&ピニオン(パワーステアリング)
ブレーキ:「ENDLESS」製 4ポッドブレーキキャリパー、ベンチレーテッドディスク、パッド
「FORTEC」製 レーキフルード
ホイール :「WORK」製 アルミニウムホイール(17in×7J)
タイヤ:「横浜ゴム」製 GEOLANDAR M/T G003
(235/80R17)
その他特⻑:カーボン製フード、前後ドアパネル、荷箱

過酷な道を走破するAXCRでは、サポートカーにも能力が求められる。チームは、SUVの走破性とMPVの居住性を兼ね備えたオールラウンドミニバン「デリカD:5」を4台投入する。

チームはAXCR特設サイトを開設し、参戦の模様を配信していく。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/innovation/motorsports/axcr2023/




. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2024年5月号

詳細を見る 電子版はこちら


ヘルメットのペイントはじめました!

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

d 情報提供のお願い

全国各地のモータースポーツにかかわるニュース、イベント、ショップ、新製品などの情報をプレイドライブ編集部にぜひお寄せください。プレイドライブ本誌のほか、プレイドライブWEBでもご紹介させていただきます。

情報提供はこちらから