プレイドライブ


トヨタ、参戦10年目のニュル24時間レースに3台体制でエントリー、C-HRレーシングも

2016.01.15 by PLAYDRIVE

レース

©PLAYDRIVE

トヨタは1月15日、千葉県の幕張メッセで開幕したオートサロン会場で、ドイツで開催される今年のニュルブルクリンク24時間耐久レース(5月 26-29日開催)の参戦体制を発表。参戦10年目の節目となる今年、トヨタC-HRレーシング、レクサスRC、レクサスRC Fの3台でエントリーする。

チーム代表を務める豊田章男は過去9年間のニュルへの取り組みを振り返り、「2007年にGAZOO Racingとして初めてアルテッツァでニュルブルクリンクに挑戦したことを昨日のことのように思い出します」とコメント。

「毎年、天候によっても表情を変えるニュルの道との対話、新しい仲間との出会い、かけがえのない仲間との別れ。様々な想いを胸にこれまで走り続けてきました。しかし、いつの時代も変わらないことがあります。それは、ニュルという過酷なコースがクルマを鍛え、レースという厳しい環境が人を育てるということです。過去9回のニュルブルクリンクへの挑戦で私自身、そのことを強く実感しています。私どもがモータースポーツに取り組む意義は、そこにあります」

「そして、そうした環境に真剣に向き合う姿に、お客様にも感動いただけるものと考えます。今後も、私どもトヨタ自動車は、TOYOTA GAZOO Racingの傘のもと、もっといいクルマをつくるため、そしてクルマファンを増やし、お客様に笑顔になっていただくため、心をひとつにして、モータースポーツ活動に永続的に取り組んでまいります」

TOYOTA GAZOO RacingからエントリーするトヨタC-HRレーシングは、2016年3月からスイスのジュネーブモーターショーで公開を予定しているクロスオーバーコンセプト車両、トヨタC-HRコンセプトの市販想定モデルをベースに競技車両として仕立てたマシン。ドライバーは、影山正彦、佐藤久実らが務める。

レクサスRCは、昨年に続いての参戦。ニュル参戦25回を数えるベテラン木下隆之のほか、蒲生尚弥などがドライバーを務める。この2台は、トヨタの社員がチーフメカニックを務める。

さらに、トムスが開発に参画、参戦を指揮する体制でTOYOTA GAZOO Racing with TOM’Sとしてエントリー。土屋武士、大嶋和也、井口卓人、松井孝允の布陣がレクサスRC Fで挑む。

会場では、モリゾウ(豊田のドライバーネーム)、木下 、勝又義信によるトークショーを開催。トヨタが初めてニュルに参戦した際、モリゾウが駆るアルテッツアを、当時ホンダNSXをドライブしていた木下が追い抜く際、一時並走したモリゾウが「マシンが語り合うような瞬間を感じた」というエピソードも披露した。




ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2017年10月号

詳細を見る 電子版はこちら



RALLY CARS

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら



JMRC各地区から名物イベント情報や規則改正、告知などのお知らせを発信する地域の伝言板ページ

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

Japan Super Rally Series


RALLYPLUS.NET


ダーノサウラ