プレイドライブ


ラリー北海道のエントリーリスト発行

2012.09.06 by PLAYDRIVE

ラリー

© RALLYPLUS

APRC第5戦/全日本ラリー選手権第7戦、ラリー北海道は、9月14日に開幕を控え、9月6日、エントリーリストを発行した。

シリーズリーダーのクリス・アトキンソンはリストに名を連ねてはいるが、開催会期が重なるWRCラリーGB参戦のために欠場することを表明しており、参戦はしない模様。チームMRFも、ガウラブ・ギルのみを走らせることを明かしている。アトキンソンのシュコダファビアS2000は、会期中、サービスパークでAPRC最終ラウンドの中国戦に向けてリビルトを行う予定とのことだ。

2011年チャンピオンチームのプロトンモータースポーツは、ドライバーチャンピオンのアリスター・マクレー(プロトンサトリアネオS2000)のチームメイトとして、既報通りフィンランドのユハ・サロを起用した。

日本人勢では、クスコレーシングから炭山裕矢(三菱ランサーエボリューションX)がアジアカップでエントリー。またチームズ杯ノミネートとして、全日本に参戦中の牟田周平(スバル・インプレッサWRX STI)をAPRC枠で参戦させる。ジュニアカップにエントリーするプロトンR3クスコラリーチームの番場彬(プロトンサトリアネオ)は、マイケル・ヤング(プロトンサトリアネオ)とのタイトル決戦に挑む。

またスポット参戦で、新井敏弘がエントリー。マシンは、4ドアのインプレッサWRX STIをノミネートしている。

全日本ラリー選手権枠では、シリーズリーダーの勝田範彦(スバル・インプレッサWRX STI)、地元北海道在住の奴田原文雄(三菱ランサーエボリューションX)、昨年の全日本部門総合ウィナーの柳澤宏至(スバル・インプレッサWRX STI)が三つ巴のタイトル争いを展開しており、係数2.5がかかる今戦は大一番となることから激戦は必至だ。

APRC部門のエントリーリスト
http://www.rally-hokkaido.com/en/2012-08-29%20Entry%20APRC%20E1.pdf

全日本部門のエントリーリスト
http://www.rally-hokkaido.com/jp/pdf/2012-09-01%20Entry%20JRC%20J2.pdf

(RALLY PLUS.NET)




ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2017年8月号

詳細を見る 電子版はこちら



RALLY PLUS

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら



JMRC各地区から名物イベント情報や規則改正、告知などのお知らせを発信する地域の伝言板ページ

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

Japan Super Rally Series


RALLYPLUS.NET


ラリノサウラ