プレイドライブ


新井敏弘、グラベル/ターマック2戦ずつのERC4戦に出場

2013.06.06 by PLAYDRIVE

ラリー

2011RALLY HOKKAIDO

2011RALLY HOKKAIDO

 新井敏弘が2013年のヨーロッパラリー選手権(ERC)4戦に出場することが決まった。

 今年始めに開催された東京オートサロンで、新井が海外ラリーに参戦することはすでに報じられていたが、ERCのどのラリーに参戦するかまでは明かされていなかった。

 新井が出場するラリーは、7月25〜27日のシビウラリー(ルーマニア、グラベル)、8月30日〜9月1日のチェコラリー(チェコ、ターマック)、9月13〜15日のラリーポーランド(ポーランド、グラベル)、10月10〜12日のラリーサンレモ(イタリア、ターマック)の4戦。

 マシンはこれまでと同様にスバルWRX STI R4。オーストリアのストール・レーシングがメンテナンスとラリーサービスを担当する。昨年と同様、横浜ゴムの全面的サポートを受け、グラベル/ターマックの両方で上位入賞を目指す。

 コ・ドライバーは、2011年のAPRC(アジア・パシフィックラリー選手権)ラリー北海道で新井とコンビを組み、オーバーオール優勝を成し遂げたアンソニー・マクローリン(オーストラリア)を指名しているという。

「初めて出場するラリーもありますが、ヨコハマタイヤさんと連携して良い結果を残し、日本の皆さんに明るいニュースをお届けしたいと思います。S2000勢のマシンは強力で、元F1ドライバーなどの一流ドライバー(編集部注 ロバート・クビカ)もこのERCに出場しているので、ポディウムフィニッシュを狙うのは簡単なことではありませんが、WRX STI スペックCの長所を活かして少しでも上位での入賞を目指します。ニッポン代表のつもりで行ってきますので、ぜひ応援をよろしくお願いします」と新井。

 ERCでは、S2000やRRCといったマシンがトップカテゴリーとして戦われているが、グループN、R4などの市販車に近いラリーカーは「プロダクションカップ」として選手権の対象となっている。新井は2011年にERCの前身であるインターコンチネンタルラリーチャレンジ(IRC)に参戦し、見事プロダクションカップチャンピオンを獲得。2012年もWRX STI R4の熟成を進め、満を持して今年のチャレンジに挑む。




ノートNISMO Sで全日本ラリーに挑戦

. プレイドライブ最新号

プレイドライブ2017年7月号

詳細を見る 電子版はこちら



RALLY CARS

S 全国のプレイドライブ販売店

全国各地でPDを取り扱っていただいているモータースポーツショップのリスト。手に取ってご覧いただいたり、バックナンバーを注文することもできます。

PD販売店はこちら



JMRC各地区から名物イベント情報や規則改正、告知などのお知らせを発信する地域の伝言板ページ

@ 編集部にひとこと!

プレイドライブ編集部では、皆さまからのご意見、ご要望、企画提案、取材依頼、イベント情報、新製品情報など、幅広くお待ちしています!

投稿はこちらから

Japan Super Rally Series


RALLYPLUS.NET


ジムノサウラ